ビューティ

コーセーの旗艦店「メゾンコーセー」がヘラルボニーとコラボ 障がいのある作家のアート作品をギフトボックスに

 コーセーのフラッグシップストア「メゾン コーセー(MAISON KOSE) 」はヘラルボニー(HERALBONY)とコラボレートし、障がいのある作家のアート作品をデザインしたオリジナルのギフトボックスとメッセージカードを提供している(なくなり次第終了)。銀座店と表参道店で展開し、12月25日まで作品の原画も展示している。

 2018年設立のヘラルボニーは、「異彩を、放て。」をミッションに国内外の障がいのあるアート作家とライセンス契約を結び、作品をさまざまなモノ・コト・場所に落とし込んで展開している。一方、「メゾン コーセー」はメイクや美容を通じた体験からお客の個性を重視し“私らしい美の発見”をかなえる場であることから、互いの思いに共感し、今回のコラボレートが実現した。期間中は、マスクやエコバッグなどヘラルボニーのグッズが購入できるほか、銀座店のセルフネイルプリンターではコラボデザインも試すことができる。

 ギフトボックスとメッセージカードには作家の高田祐氏、藤森理巌氏、小川真広氏、Juri氏の作品を採用。ヘラルボニーの松田崇弥社長は、「ギフトボックスを送りあうシーンは晴れやかな気持ちなので、驚きがあるデザインや興味がそそられるアート作品をデザインに採用した。ボックスを通じて、作家の作品そのものにも興味を持つきっかけになればうれしい。当社ではアパレルブランド『ヘラルボニー』を展開しているが、ビューティ業界とのコラボは初。今後もコスメのデザインなどにも携わっていきたい」と語った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら