ファッション

シティ・ポップ再燃で注目の永井博のTシャツやバッグ 展覧会も開催

 PR会社のトゥッティ フルッティは、イラストレーターの永井博とコラボレーションしたロングTシャツとバッグを6月23日に発売する。

 ロングTシャツ(税別8200円)は“silent pool”と“rose garden”の2種類で、トートバッグ(同3800円)は“tutti frutti”の1種類を用意する。懐かしさと非日常を同時に感じる作品を選定したという。コラボアイテムは同社のEC事業の一環で、公式オンラインストアで取り扱う。

 また、永井は画集「FAVORITE」の刊行を記念した展覧会を代官山の蔦屋書店で6月21日~7月19日に開き、会場で「タコマフジレコーズ(TACOMA FUJI RECORDS)」とコラボしたTシャツを7月1日に発売する。コラボTシャツ(税込7480円)は“THE MOUNTAIN”と“THE CAR”の2種類を用意する。

 永井博は徳島県出身のイラストレーター。人気が再熱しているシティ・ポップのアートワークを多く手掛けたほか、大瀧詠一の「ア・ロング・バケイション(A Long Vacation)」のジャケットを担当したことでも知られている。

■「Hiroshi Nagai Exhibition FAVORITE」
日程:2021年6月21日~7月19日

場所:代官山 蔦屋書店 2号館1階ギャラリー

住所:東京都渋谷区猿楽町16-15

入場料:無料

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら