ビューティ

資生堂がポケモンをヘアメイクでビジュアル化 トップメイクアップアーティスト原田忠が挑戦

 原田忠・資生堂トップヘアメイクアップアーティストは、このほど「ポケモンシャツ」のプロモーションキービジュアルを制作した。ポケットモンスターのキャラクターをヘアメイクアップとファッションでビジュアル化し、ビューティ表現の可能性に挑戦。自分だけのポケモンシャツが注文できるサービス「ポケモンシャツ」のキービジュアルとして、4月30日から「ポケモンシャツ」オフィシャルサイトやSNSなどで展開する。

 今回、大地の化身と言われる伝説のポケモンのグラードンから着想を得てビジュアルを制作。グラードンが持つ力強さや猛々しさを独自の視点で解釈し、赤や黒など特徴的なボディーの配色をヘアメイクに反映しながら、ファッション性も取り入れて表現した。また、「ポケモンシャツ」用のキービジュアルのほかに世界観を掘り下げたバージョンも制作した。

 原田トップヘアメイクアップアーティストはコレクションや宣伝広告などのヘアメイクにとどまらず、これまでにも人気漫画やキャラクターのビジュアル化といったさまざまなビューティの表現に挑戦し続けて来た。

 今回のコラボについて、「世界中で幅広い世代に親しまれ、多くのファンに愛され続けるポケモンの世界観を反映した『ポケモンシャツ』のキービジュアルを手がけることができて光栄だ。ポケモンを通じたビューティの可能性に挑戦した。このコラボレーションは継続的に展開するので、今後も期待してもらえたらうれしい」と原田トップメイクアップアーティストはコメントした。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら