ビューティ

「ザボディショップ」が東海道新幹線の車両アルミをリサイクルした新店舗をオープン

 イギリス発の自然派化粧品ブランド「ザボディショップ(THE BODY SHOP)」は4月9日、サステナブルな新コンセプトショップ「アクティビストワークショップ」を名古屋のタカシマヤ ゲートタワーモール内にオープンする。その後4月27日に大分県にアミュプラザおおいた、4月28に福岡県にアミュプラザ小倉にもオープンする。

 新コンセプトショップは、引退した東海道新幹線車両の再生アルミを店舗内装に使用。JR東海の新幹線再生アルミを店舗内装用建材として使用するのは、JR東海グループ以外で初めてだ。再生アルミはレジカウンターやウィンドーフレーム、ハンドクリームコーナーの背面、バックカウンター背面壁などに用いる。また、FSC認証を得た木材や環境負荷の少ない素材を使った美濃焼のタイル“ミノアール”も内装に活用する。

 さらに、国内初の新レフィルステーションを設置する。専用のアルミボトル(300gサイズ、500円)とポンプ(150円)を購入すると、人気のボディーシャンプー4種(モリンガ、ブリティッシュローズ、ストロベリー、アーモンドミルク&ハニー、各税込1320円)とハンドソープ2種(ティーツリー、シア、各税込1320円)の計6種から、レフィルが選べるようになっている。他国でも導入し、21年には世界で約400店舗、22年にはさらに約400店舗に展開する予定だ。

 「ザボディショップ」は「より美しい公正な社会のために立ち向かう」という目的のもと、これまでエシカルでサステナブルな製品開発、化粧品の動物実験反対、コミュニティフェアトレードなど、多くの社会活動を行ってきた。2019年には社会的・環境的パフォーマンス、透明性や説明責任などの厳しい基準を満たす企業に与えられる、Bコーポレーション認証を取得した。新コンセプト「アクティビストワークショップ」は19年にイギリスのボンドストリートのフラッグシップストアで誕生し、世界約3000店舗中、現在17店舗で展開している(2020年12月末時点)。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら