紙面紹介

コロナ禍の現地取材で見えた“パリコレ”の価値 2021年春夏コレクション続報

 「WWDジャパン」10月19日号は2021年春夏コレクションの続報です。コロナ禍でデジタルシフトが進んだコレクション発表ですが、ミラノとパリではそれぞれ20ブランド前後がリアルショーを開催。誰もがインターネットを通じて同じものを見られる今、リアルショーを開催することにどんな意味があるのか?私たちはリアルショーを情熱の“増幅装置”だと考え、現地取材した全19ブランドにフォーカス。それぞれの演出やクリエイション、そしてリアルショーの価値に迫ります。8月から月一で掲載しているサステナビリティ特集では、透明性とトレーサビリティーに着目。先進企業の実例をもとに、それらが重要な理由を考えます。「フォーカス」ではストリートの祭典として知られる「コンプレッスクコン」のデジタル化や、若手起業家が活躍するフェムテック市場などを取り上げました。

 コレクションの特集では、現地取材を敢行したジャーナリストの率直な感想や、デザイナーたちのコメントも掲載。ブランドとメディア双方の立場から、現代におけるコレクション発表のあるべき姿を考えます。表紙では、特に象徴的だった「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」「ヨウジヤマモト(YOHJI YAMAMOTO)」をピックアップしました。裏表紙の人気連載「ファッション パトロール」では、デジタル中心だったファッション・ウィークの超アナログなインビテーションを紹介します。

CONTENTS

FEATURE

  • コロナ禍の現地取材で見えた“パリコレ”の価値

EDITOR’S VIEW

  • リアルorデジタルではない。自分事化できるか否かだ

FOCUS

  • ユニクロが初の“服から服へ”循環型商品を開発 カギを握るは東レのリサイクルダウン工場
  • コロナ禍でコンベンションが開催中止に。窮地に陥る「コンプレックスコン」がデジタルシフト バーチャルコン「コンプレックスランド」で熱狂は生まれるか
  • 身体と健康について考えるきっかけをあたえる 若手起業家が活躍するフェムテック
  • 手首の上の“小さくも偉大な一歩”の意味 時計業界もサステナビリティに本腰

SERIES

  • Beauty Insight:Vol.7 女性役員、多いと好業績 多様性がもたらす意思決定の透明化
  • アトモス社長・本明秀文のスニーカーライフ:Vol.63 ニューノーマルの志
  • リシュモン ジャパン三木社長の熱血ファッション塾:12時限目 ファッションメディア不要論「時代の変化に対応せよ!」
  • 菅付雅信「不易と流行のあいだ」:Vol.22 ファッション・ピープルのロケーション(後編)

FASHION PATROL

  • 傾向は“手を動かす参加型” デジタル・コレクションの招待状は超アナログだった!

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら