紙面紹介

2020-21年秋冬東京コレクションビューティトレンド 東コレ中止で魅せるヘアメイク

 「WWDビューティ」4月9日号は、2020-21年秋冬東京コレクションビューティトレンド特集です。世界中で感染拡大している新型コロナウイルスの影響により、3月16~21日に開催予定だった2020-21年秋冬の「楽天 ファッションウィーク 東京(RFWT)」は中止。それを受け、さまざまな対応に追われ大幅な変更を強いられながらも、コレクションを発表したブランドが多くありました。今特集ではそれらブランドの取り組みと、トレンドを取り入れつつ高いクリエイティビティーが発揮された多彩なヘアメイクをお伝えします。ニュース面では、海外を中心に日本でも注目を集めているドライシャンプー市場を紹介しています。

 今回の東コレは厳しい状況のなか、無観客ショーやライブ配信を行うなどSNSを活用した見せ方が多く目立ちました。その中でも「ネグレクトアダルトペイシェンツ(NEGLECT ADULT PATIENTS)」はアイドルのBiSH、BiS、豆柴の大群のライブを生配信し、それぞれに“X JAPAN”“KISS”“アイドル”というテーマでヘアメイクを行いました。そのほか、ロンドンバスに乗って夜遊びに出かける設定の“夜遊びメイク”を披露した「ミントデザインズ(MINTDESIGNS)」や、「ボディソング(BODYSONG.)」「ザ・リラクス(THE RERACS)」「ステア(STAIR)」など、全12ブランドのヘアメイクを一挙に紹介します。

 そのほか、今年2月に亡くなったモードファッションにおけるヘア&メイクの第一人者、加茂克也ヘアメイクアップアーティストに対する追悼として、過去の東京コレクションの作品を「アンリアレイジ(ANREALAGE)」の森永邦彦デザイナーらのコメントと共に振り返っています。

 ニュース面では日本でも拡大するドライシャンプー市場のほか、人気美容師の内田聡一郎と浦さやかがタッグを組み誕生したヘアサロン「クク(QUQU)」をオープンした背景、花王の「アルブラン(ALBLANC)」がリステージを図った狙い、「ランコム(LANCOME)」が4月17日に発売する新リップの詳細、そして創業40周年を迎えたファンケルがリニューアルした「アンドミライ(AND MIRAI)」「年代別サプリ」なども取り上げています。

COVER CREDIT
PHOTO:KOJI HIRANO,Japan Fashion Week Organization

<訂正>「WWDビューティ」4月9日号p.3のメモ欄で、日本ロレアル・ランコムのスー・ジョン新事業部長の前職「グローバルマネージャー」は誤りで、正しくは「ジェネラル マネジャー」でした。

CONTENTS

IN FOCUS

  • 2020-21年秋冬東京コレクションビューティトレンド 東コレ中止で魅せるヘアメイク

NEWS

  • 日本でも拡大するドライシャンプー市場
  • 逆境の中で美容室「クク」をオープン 美容師・内田聡一郎と浦さやかがタッグ
  • 花王の「アルブラン」リステージで最強化
  • 「ランコム」から新リップが登場 「アットコスメショッピング」限定の先行予約が好調
  • ボディーソープ市場は“潤い”競争が激化 その中でも“潤いのエキスパート”でいたい
  • 「シュウ ウエムラ」が新アイブローマスカラ発売 くしが着想源
  • ファンケルが「アンドミライ」「年代別サプリ」をリニューアル
  • ヤーマンが米国の洗顔デバイス「PMD クリーン」の日本総代理店に
  • 「ヴィクトリア セルフエステ」が月額5800円〜で表参道にオープン

TOPICS FASHION

  • 新型コロナが猛威、売上高4割減の衝撃

SERIES

  • ビューティ資格スターファイル No.04 菅井悦子・全米ヨガアライアンス
  • 我が社の敏腕営業マン 第24回 ジョー マローン ロンドン編
  • 海外ビューティ通信 VOL.263 モスクワ編

HIT RANKING

  • 渋谷ヒカリエ ShinQs「クレンジング」TOP5
  • PLAZA全店「ネイル」TOP5

編集部が選ぶ新製品情報

  • シルキーで滑らかなテクスチャーと軽い付け心地の「M・A・C」の「ダズルシャドウ エクストリーム」や、ちょっとした刺激でもダメージを受けやすいデリケートな肌のための「デュオ」の「ザ 薬用クレンジングバーム バリア」など、注目の新製品を紹介。

BEAUTY PATROL

  • 初の写真集「Sがいい」を4月22日に発売 NMB48のファッショニスタ村瀬紗英の魅力に迫る

WEEKLY SCHEDULE

  • 4/9~4/15