ファッション

“前を向いて歳を重ねよう”がテーマ 帝人など4社が健康寿命を延ばす事業体を設立

 “人生100年時代”を迎え高齢化が進む中で、“前を向いて歳を重ねよう”をテーマとする共同事業体「プロダクティブ・エイジング コンソーシアム」が発足した。帝人、明治ホールディングス、島津製作所、日清製粉グループのオリエンタル酵母工業の4社を幹事会社とし、帝人のヘルスケア分野のグループ会社であるノモン(NOMON)を発起人とする。「健康寿命を延ばし、歳を取ることを前向きにとらえ、生まれてから最期の日まで自分らしく充実した生活を送ること」=「プロダクティブ・エイジング」の実現を目指す理念に賛同した企業が集まって設立した。

 帝人はヘルスケア、明治ホールディングスは乳酸菌の研究など食と健康、島津製作所は分析計測と医療機器の開発、オリエンタル酵母工業は製パン用イーストメーカーとして安全な食と健康に取り組むなど、各社が得意とする食品関連、ヘルスケア領域、科学技術の豊富な経験や知見を活用し、ビジネス領域の枠を超えて協働することで、今までにないプロダクトやサービスの創出を目的とする。山名慶・ノモン社長CEOは「1社ではできないことでも、われわれが手を組むことでさまざまな可能性が広がる。さらに幅広い知見を持った企業に参加していただき、サラダボールのような組織にしたい。社会実装の実現を目指す」と話した。

 当面は、「プロダクティブ・エイジング」に関する情報発信の基盤作りやイベント開催など啓発活動を中心に行う。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら