ファッション

「M・A・C」のトレンドは「トーキョーガール」「ツヤスキン」 ビジュアルに新人の安斉かれんを起用

 「M・A・C」は、トレンドメイクを“カラー”と“肌づくり”の2つのテーマから提案するコレクション「トーキョーガール(TOKYO GIRL)/ツヤスキン(TSUYA SKIN)」を、全国の店舗と公式オンラインストアで5月16日まで展開している。また、限定ビジュアルには令和初日の5月1日にエイベックスからデビューする新人歌手、安斉かれんを起用した。

 “カラー”に着目した「トーキョーガール」では、人気の日本限定赤リップ「リップスティック ルビー ウー トーキョー」で口元にポイントを出しつつ、頰などはナチュラルカラーでメリハリをつけたメイクを紹介。さらに目元に華やかさと抜け感を与えるアイシャドウ「ダズルシャドウ リキッド ノット アフレイド トゥ スパークル」など、「M・A・C」流トレンドメイクが完成するアイテムをそろえた。

 “肌づくり”に着目した「ツヤスキン」は、作り込み過ぎないナチュラルな艶肌を気軽にかなえるアイテムを提案。人気の「ライトフル」シリーズをはじめ、ハイライトパウダー「ミネラライズ スキンフィニッシュ ライトスカペード」や「シンセティック ラウンド スラント ブラシ」などを用意する。

 安斉かれんは、次世代ギャルとして注目を浴びる1999年生まれのアーティスト。エイベックスとマークスタイラーがオープンした期間限定店舗「リレクト バイ ランウェイチャンネルラボ(RELECT BY RUNWAY CHANNEL LAB.)」で働く店員として、ファッションメディアにも登場していた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら