ニュース

絶好調のLAブランド「アミリ」が日本初のポップアップ 来日したデザイナーに直撃

 ロサンゼルスに拠点を置くブランド「アミリ(AMIRI)」は、日本初となるポップアップストアを8月25日にリステア(RESTIR)にオープンした。期間は約2カ月の予定で、アメリカの映画「ロストボーイ(LOST BOYS)」をテーマにした2018-19年秋冬コレクションの他、日本限定のTシャツ(3万8000円)やフーディ―(9万円)、デニム(17万2000円)をそろえる。

 「アミリ」は既にLAのセレクトショップ、マックスフィールド(MAXFIELD)でポップアップストアをオープンしており、数多くのアイテムを完売させているという。来日したデザイナーのマイク・アミリ(Mike Amiri)は「マックスフィールドは初めてのポップアップということもあり、商品を見せるためにシンプルにしていた。日本では18-19年秋冬コレクションのコンセプトがより明確に伝わるよう、細部にもこだわっている」とポイントを語る。

 「アミリ」は日本やイタリアの生地を使い、ほぼ全ての商品をLAで生産。仕上げはハンドメードで行っている。ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)やエイサップ・ロッキー(A$AP Rocky)らを顧客に抱えており、14年のブランド立ち上げ以降、現在世界で約130店舗で販売するなど、人気を急速に拡大中だ。「売り上げが伸び続け、アメリカでも知名度が上がっている今、次のステップとしてブランドの世界観を体現する空間を他の国でも設けたかった」とオープンの経緯を語る。日本以外にも現在、香港でポップアップストアを開いている他、パリのボン・マルシェ(LE BON MARCHE)でもオープン予定だ。「リステアは顧客を多く抱えており、スペシャルなアイテムを提案できる場所。リステアのようなブランドの持つスピリットと合致するところでポップアップを開き、『アミリ』を“新しいラグジュアリー”として発信していきたい」。