ニュース

カール、ヴァージル、NIGO(R)らが「リモワ」の80周年キャンペーンで愛用スーツケースを披露

 「リモワ(RIMOWA)」がブランドのシグニチャーアイテムのアルミスーツケース80周年を記念したキャンペーンで、カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)やマーサ・スチュワート(Martha Stewart)、NIGO(R)ら著名人が愛用する「リモワ」のアルミスーツケースを公開した。

 同キャンペーンはベルナール・アルノー(Bernard Arnault)LVMH会長兼最高経営責任者(CEO)の息子でリモワ(RIMOWA)の共同最高経営責任者(CEO)を務めるアレクサンドル・アルノー(Alexandre Arnault)が考案。「リモワ」の公式サイトをはじめ、各SNSアカウントを横断するデジタルキャンペーンになるようだ。

 他に、「アンブッシュ(AMBUSH)」のディレクターVERBALとデザイナーYOON、カリーヌ・ロワトフェルド(Carine Roitfeld)前仏「ヴォーグ(VOGUE)」編集長、映画監督のデヴィッド・フィンチャー(David Fincher)、マイケル・ムーア(Michael Moore)、中国の女優ファン・ビンビン(Fan Bingbing)、調香師のフレデリック・マル(Frederic Malle)、ヘアスタイリストのジョン・ノレ(John Nollet)、ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)=「オフ-ホワイト ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH以下、オフ-ホワイト)」デザイナー、スウェーデンのシンガーソングライターのリッキ・リー(Lykke Li)、イタリアのシェフのマッシモ・ボットゥーラ(Massimo Bottura)ら、ファッション業界人をはじめ世界で活躍する著名人の愛用アルミケースをドイツのフォトグラファー、フランク・フィルスボェマー(Frank Hulsbomer)が撮り下ろした。また、カールのスーツケースはカール自身が撮影した。さらに、キャンペーン動画はダン・トビン・スミス(Dan Tobin Smith)が撮影した。

 アレクサンドルCEOは6月に、ダナ キャラン インターナショナル(DONNA KARAN INTERNATIONAL)とアップル(APPLE)で経験があり、“アップル ウォッチ(Apple Watch)”のグローバルブランドマーケティングを率いていたヘクター・ミューラス(Hector Muelas)をチーフ・ブランド・オフィサーに任命するなど、リモワのチーム改編に取り組んできた。

 ミューラス=チーフ・ブランド・オフィサーは、「商業的なキャンペーンではなく、ブランドと長い絆がある人々、本物の『リモワ』の顧客をフィーチャーしたかった。顔がその人のパーソナリティーを表すように、ステッカー、キズ、くぼみなど、それを意図してもしなくてもスーツケースにはその持ち主の特徴が現れる。特にアルミという素材は使うたびに持ち主とともに変化していくキャンバスのようなもので、ブランドのストーリーテリングにぴったりだった。パーソナライゼーションはこのアルミスーツケースの第2の特徴になるんだ。われわれはそれを次のレベルに持っていきたかった」と語る。

 また、アレクサンドルCEOが自身のインスタグラムに投稿した「オフ-ホワイト」とのコラボを匂わせる投稿について「リモワ」のコメントは取れなかったが、ミューラス=チーフ・ブランド・オフィサーは「2018年にはいろいろと面白いことを計画している。楽しい年になるよ」と話した。