ファッション

「ア・コールド・ウォール」が「ナイキラボ」「リーバイス」「レディメイド」とコラボ

 英メンズブランド「ア・コールド・ウォール(A-COLD-WALL)」が、「ナイキラボ(NIKE LAB)」「リーバイス(LEVI'S)」「レディメイド(READYMADE)」とのコラボアイテムを2018年春夏のルックブックで明らかにした。
 
 デザイナーのサミュエル・ロス(Samuel Ross)が“State Commute Partnership Firm”と名付けたコレクションは、コールセンターやオフィスワークにインスパイアされて原色のカラーバリエーションを用意。トレンチコートやコーデュロイのブレザー、左右非対称のウールブレザーをそろえる。

 ヴィンテージのミリタリーアイテムをバッグや服に再構築することで知られる日本ブランド「レディメイド(READYMADE)」とコラボし、バッグを製作した背景についてサミュエルは「ヘッドデザイナーの細川雄太とは以前から良き友人で、お互いのクリエーションをリスペクトしていたからだ。今回はトートバッグを一緒に製作した」と語る。

 「レディメイド」は以前、「ア ベイシング エイプ(R)(A BATHING APE(R))」「ヨウジヤマモト(YOHJI YAMAMOTO)」「フィア オブ ゴッド(FEAR OF GOD)」といったブランドとコラボしていた。なお、同コラボレーションの発売日や場所は明らかにされていない。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら