ファッション

「タケオキクチ」と「ジョンブル」のコラボはメード・イン・岡山

 ワールドの「タケオキクチ(TAKEO KIKUCHI)」とジョンブルの「ジョンブル プライベート ラボ(JOHNBULL PRIVATE LABO)」がタッグを組み、それぞれのオリジナルレーベル「フォーティーカラッツ アンド ゴーニーゴー バイ タケオキクチ(40CARATS & 525 BY TAKEO KIKUCHI)」と「ジョンブル ホワイト レーベル(JOHNBULL WHITE LABEL)」のコラボレーション・アイテムを発売する。

 菊池武夫「タケオキクチ」クリエイティブ・ディレクターディレクションのもと、パターンクリエイターの中村里美が製品化し、縫製、裁断は、全て岡山県倉敷市児島にあるジョンブルの自社工場で生産する。商品は、「ジョンブル」得意のデニムのジャケット(4万2000円)、デニムのシャツジャケット(3万2000円)、デニムのイージーパンツ(2万1000円)、フランネルチェックのシャツジャケット(3万2000円)の計5アイテム。8月4日、「タケオキクチ」115店舗とオフィシャルオンラインストア(アイテムによって一部店舗のみ)、そして「ジョンブル プライベート ラボ」11店舗とオフィシャルオンラインストアで発売する。

 同プロジェクトは、両社が原宿の明治通り沿いに旗艦店を構えていることから、「何かでこの地域を盛り上げたい」という思いから実現した。菊池は、今年始め、岡山県のジョンブルの本社工場を視察したという。中村は、メンズのパタンナーとして26年間、「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」に勤務し、独立後、14年から「ジョンブル」のモノ作りに携わっている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有力企業17社の新卒採用責任者が登場 ファッション&ビューティ業界の「イマドキ採用」特集

「WWDJAPAN」2月19日号は、ファッション&ビューティ企業の「新卒採用」特集です。コロナ禍を経て、新卒の採用活動は大きく変わりつつあります。コロナ禍の収束に伴う求人倍率の上昇、慢性的な人手不足、就活の長期化などによって、かつてのような「大量にエントリーを集め、面接でふるい落としていく」というやり方は、すでに過去のものになっています。現在のキーワードは「相互理解」「ホンネ」「共感」。福利厚生の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。