ファッション

京都に「モマ デザインストア」の路面店がオープン

 ロフト(LOFT)は5月19日、京都に「モマ デザインストア(MOMA DESIGN STORE以下、デザインストア)」を出店する。約115平方メートルの同店舗では、「モマ」が認定したデザインアイテムやアートリプロダクション、ニューヨーク近代美術館の永久収蔵品に選定されているプロダクトを販売するほか、京都を中心とした日本のデザインも紹介。ルース・シャピロ(Ruth Shapiro)=モマ・ビジネス・デベロップメント・ディレクターは「全国的にモマ事業を拡大するのが目標。日本国内外から多くの観光客が訪れる京都に出店することで、認知度アップを図りたい」とコメントしている。

 ニューヨーク近代美術館は04年モマ オンラインストアの日本語公式サイトをスタートする際、三洋電機とライセンスを締結。07年に海外初のデザインストアを表参道に出店した。11年9月にはカタログ通販企業のシャディが新たに日本国内独占契約を結び、モマ事業の運営を行っていた。同社は14年、セブン&アイホールディングスグループの傘下に入り、同グループ内のロフトが「アート&デザイン」をテーマにしていることもあり、昨年2月に事業譲渡した。ロフトはデザインストアのショップ・イン・ショップを渋谷・池袋・仙台・神戸の4店舗内に、デザインストア・キオスクを全国24店舗内にオープン。路面店は表参道店に続き2店舗目になる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら