ファッション

日本の商品を集めた雑貨店「マークスタイル」海外初出店

 文具などを扱うマークスは12月17日、日本製品を集積したギフトショップのマークスタイル トーキョー パリ ル・マレ店(MARK’STYLE TOKYO Paris Le Marais)をオープンする。地上1階、地下1階の2層構造で、店舗面積は83平方メートル。同社が扱う文具やライフスタイル雑貨、インテリア小物を扱う他、日本酒や梅酒、日本のビールなども販売する。2017年1月には、実店舗と同様の商品をラインアップするフランス語版ECサイトもオープンする。

 同社は08年にフランス現地法人マークス ヨーロッパを設立。12年にはドイツ・フランクフルトにもオフィスを開設し、ヨーロッパでの展開を強化してきた。「マークスタイル トーキョー(MARK'STYLE TOKYO)」は、マークスが運営する直営店4業態の一つ。海外初出店となる同店は、旗艦店の表参道店に次いで2店舗目。来年4月には、ギンザ シックスへの出店も決まっている。「マークスタイル トーキョー」以外では、「グラフィア(GRAFIA)」「エディト・トロワ・シス・サンク(EDITO 365)」「ボン・フェット(BONNE FETES)」などの業態を手掛ける。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら