ファッション

リーボックがヒラリー・クリントンの衣装を勝手に提案

14670855_1700448666940075_7879740797205950652_n

 リーボック(REEBOK)は、ヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)の第3回大統領選討論会の衣装を「リーボック」風にアレンジし、スケッチを発表した。提案するのは「リーボック」のパフォーマンスウエアを用いた“究極のパワースーツ”で、「ヒラリーがドナルド・トランプ(Donald Trump)との戦いに備え、力強く討論できるため」のスーツだという。

 ブルーのジョガーパンツとフロントジップのジャケット、黒いジャンプスーツ、白いワイドレッグのクロップド丈パンツとケープやブラトップという3種類のコーディネートを提案した。白熱した討論になることを予想し、保冷効果のある素材「アクティブチル(ACTIVCHILL)」を全てのピースに使用し、ジャケットやケープなど、暑ければ気軽に脱ぐことのできるアイテムを用意した。

 ダニエル・ラインズ(Danielle Rines)=リーボック アソシエイト マネジャーは「権力と力強さを表現できるパンツスーツを手掛けたかった。ヒラリーのような女性はタフで悪びれない。討論会場の明るいライトや国民からのプレッシャーにより、ヒラリーは汗ばむこともあるだろう。パフォーマンスウエアはこう言ったシチュエーションにぴったりだ」とコメント。

 ネバダ大学で行われた第3回大統領討論会で、ヒラリーは「ラルフ ローレン(RALPH LAUREN)」のスーツで登場した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら