ファッション

「アンスリード」が南青山に1号店をオープン コムアイや三吉彩花がお祝いに

 マークスタイラーの新ブランド「アンスリード(UN3D.)」の1号店が9月10日、南青山郵船ビル内にオープンした。ブランド独特の立体的なフォームを内装デザインにも落とし込んだ同店は、ウィメンズとメンズのウエアやアクセサリーなどのフルラインアップが並ぶ。前日に行われたパーティーでは、塚本香「ハーパーズ バザー」編集長や中島敏子「ギンザ」編集長、岩佐きぬ子「メンズノンノ」編集長ら業界人から、三好彩花やGENKING、水曜日のカンパネラのコムアイらも多数来場し、新たなステージに取り組む荻原桃子「アンスリード」デザイナーを祝った。

 パーティーでは、NYアーティストのカレン・ホロモンとナカヤマン。がタッグを組み、「アンスリード」のビジュアルを使って、モデルと自分の顔をモーフィング技術で合成される新しいデジタルアトラクションを用意。また、「ラブ ミー アンド ミソスープ(LOVE ME AND MISO SOUP.)」がドリップで提供する味噌汁や有機無農薬栽培の米・ハヤシダライスを使ったこだわりのおむすびのフードや、「上善如水」やビオワイン、老舗の増田茶屋が「アンスリード」のために作ったオリジナルのお茶のドリンクなどを振る舞った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら