ファッション

西川産業が創業450周年を機に、滝沢直己ファッションデザイナーを起用

 西川産業は、創業450周年の節目を迎えたのを機に、滝沢直己ファッションデザイナーをアーティスティックデザイナーに起用した。同社が誇る“西川ダウン”を使用したダウンウエアやシルク生地を採用した夜着などを提案。匠の技術と、新開発素材、ファッション性を融合した新たな商品を展開していく。

 「当社は革新の連続により、伝統を引き継いできた。これまで、高品質・機能を強化してきたが、ファッション性も追及することで、ビジョンである“革新をつづける伝統を、未来へ”を体現していく」(西川康行・西川産業社長)ために、ライフスタイルの根本にあるものをデザインしたいと考えていた滝沢ファッションデザイナーからのアプローチに応え、取り組みを行うことになった。

 まずは、450周年記念商品として、夜着やダウンジャケット、羽毛かけ布団、バスローブ、フェイスタオルなどを数量限定販売する。価格は1万2000円~300万円。滝沢ファッションデザイナーは「現代は服だけでなくライフスタイルを含めてファッションとなっている。睡眠もファッションの一部。人生の3分の1を睡眠に費やしているが、睡眠にまつわる意識は低い。商品を通じて睡眠の大切さや、歴史ある西川産業の物作りのすばらしさを伝えていきたい」と意欲を語った。

 10月6日に行った450周年記念商品の発表会には、女優の木村佳乃とレスリング日本代表の吉田沙保里選手がスペシャルゲストとして登場。吉田選手にはリオ五輪の功績を称え、270万円のプラチナ羽毛布団が贈られた。「10月5日が誕生日だったので、最高の贈り物。うれしい!!」と満面の笑みを浮かべた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

読者人気ナンバーワンに輝いたのは? 「2022-23年秋冬リアルトレンド総選挙」結果発表!

「WWDJAPAN」6月27日号の特集は、「2022-23年秋冬リアルトレンド総選挙」。編集部員が展示会を回って撮影・セレクトした、ファッションビルやSC、百貨店、セレクトショップなどを販路とする総勢32ブランドの新作ルックをウェブで公開し、ユーザーからの投票を募りました。

詳細/購入はこちら