ファッション

「レスポートサック」が新定番”エッセンシャル”ラインの全国販売を開始

 「レスポートサック(LESPORTSAC)」は7月27日、新たな素材と最先端技術を使用した新定番ライン"エッセンシャル(ESSENTIAL)"の全国販売をスタートした。同ラインは2016年春夏にデビュー。これまで表参道と銀座の旗艦店と、百貨店などでの催事のみで販売してきたが、今秋冬商品から全国の「レスポートサック」のショップ76店と公式オンラインストアで取り扱う。

 春夏コレクションでは、バックパックとミニバッグが好評で、特に2ウエイで使えるハンドル付きの"アーバン バックパック"(2万6000円)が支持を獲得。色はシルバーやグリーンが人気だったという。秋冬は、黒やシルバーなどの定番色に、カーキ、ネイビー、ビビッドピンクなどの新色が加わった。また、新型としてスクエアトートのミニサイズ"ミニ エブリデイ トート"を提案する。

 今後、「レスポートサック」は、"エッセンシャル"と従来の"クラシック"の2ラインを軸に商品を構成する。

藪野淳

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら