ファッション

自由が丘に居ながらキャンプ気分を堪能 日本初のキャンプファイヤー・ダイニング誕生

 都内でバー&ラウンジを経営するカーム(CALM)は7月30日、日本初のキャンプファイヤー・ダイニング「キャンプファイヤー・グリル&カフェ バンフ(Campfired Grill & Cafe THE BANFF)」を自由が丘にオープンする。"火を囲み、キャンプファイヤーをしている時のように、仲間や家族と食べて、語って、くつろぐ穏やかな場所"をコンセプトに、木の温かみを感じる空間の中で薪の香りが引き立つリブロースなど本格的なアウトドア料理を堪能できる。

 店名の「BANFF」は、カナダ・アルバータ州にあるカナディアンロッキー山脈の観光中心地・バンフが由来。夏は登山、冬はスキーなど1年を通してさまざまなアクティビティーを楽しむ人でにぎわっている。そんな雄大な自然に囲まれたログハウスをイメージした店内では、看板メニューである「リブロースの薪焼き」や「薪焼きローストビーフBBQサンドイッチ」を味わえる。これらのメニューは、特注で設置した薪専用グリラーを使い、遠赤外線の高い「WOOD-FIRED GRILL」という調理法を使用するため、食材の表面をカリッと、中はジューシーな食感に仕上げて旨味を逃さない。さらに、薪や炭に含まれるミネラルの効果でスモーキーな薪の香りが広がり風味が増す。

 その他、テーブルで火を灯しながら「スモーキーチーズフォンデュ」を堪能したり、キャンプファイヤー定番のスイーツ「スモア」をアレンジした「キャンピング・スモア」も楽しめる。屋内にいながらも、大人から子供までキャンプ気分を味わえるコンテンツが満載となっている。

■「キャンプファイヤー・グリル&カフェ バンフ(Campfired Grill & Cafe THE BANFF)」
住所:目黒区自由が丘1‐8‐1南ビル2階
営業時間:ランチは11~15時、ディナーは17~23時
定休日:なし(年末年始除く)

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら