ファッション

「タケオ キクチ」「ジョン ローレンス サリバン」が初参加!2015-16年秋冬MBFWT開催日程と参加ブランド決定

 日本ファッション・ウィーク推進機構は、2015-16年秋冬シーズンの「メルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク 東京」(MBFWT)を3月16〜21日に開催することを決定し、参加予定の48ブランドを公表した。

 今シーズンは、ブランド創立30周年の「タケオ キクチ(TAKEO KIKUCHI)」がスペシャルプログラムでランウェイショーを開催するほか、「ジョン ローレンス サリバン(JOHN LAWRENCE SULLIVAN)」が2011年春夏以来、9シーズンぶりに東京でコレクションを発表。せーのが手掛ける「ヴァンキッシュ」の新レーベル「ブラック バイ ヴァンキッシュ」がMBFWTで初披露される。
?

 国内からは、上記ブランド含めカズマ・デトが手掛ける「ディーティーティーケー(D.TT.K)」や小村和久と高橋玲のデザイナーデュオの「5351プール・オム ラ・ファム(5351POUR LES HOMMES ET LES FEMMES)」や白木大地デザイナーの「アヌーン(ANUNNE)」など10ブランドが初参加。

 海外からは、タイの「キュレイテッド バイ エック ソンプラサート(CURATED BY EK THONGPRASERT)」やオーストリアの「アド レッシング ダイアロッグス・イン・ファッション・アンド・アーキテクチャー(AD-DRESSING DIALOGUES IN FASHION & ARCHITECTURE)」など、5ブランド1団体がMBFWTでコレクションを発表する。

 なお「ナインティーナインパーセントイズ(99%IS-)」「アリス アウアア(ALICE AUAA)」「アツシ ナカシマ(ATUSHI NAKASHIMA)」「ラマルク(LAMARCK)」「ソマルタ(SOMARTA)」「ヤストシ エズミ(YASUTOSHI EZUMI)」などの常連ブランドの参加は、現時点では未定だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら