ファッション

「スコッチ & ソーダ」が日本初の直営店を東京・大阪にオープン

 アムステルダム発の「スコッチ & ソーダ(SCOTCH &SODA)」は、日本初の直営店として3月12日に原宿の明治通りに2層の路面店を、3月19日に大阪のなんばパークスにインショップをオープンする。両店とも、メンズの"スコッチ & ソーダ(SCOTCH & SODA)"、ウィメンズの"メゾン スコッチ(MAISON SCOTCH)"、デニムコレクションの"アムステルダムス ブラウ(AMSTERDAMS BLAUW)"をそろえる。ショップ限定商品として、「スペルガ(SUPERGA)」とコラボレーションしたスニーカー(2万4000円)を販売する。

 「スコッチ & ソーダ」はクラシックやヴィンテージスタイルをヒントに、世界各地から着想を得たカジュアルスタイルを提案するブランド。2002年春夏にメンズのみでスタートし、2010年にウィメンズとデニムコレクションが加わった。世界中に135店舗、7000以上のPOSとオンラインショップを持つ。

スコッチ & ソーダ 原宿店
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-17-15

スコッチ & ソーダ なんばパークス店
〒556-0011 大阪市浪速区難波中2-10-70 4階

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら