ファッション

英デザイナーの大半がEU離脱に反対 「シブリング」や「イートウツ」はフィナーレで意思表明

英国ファッション協議会(ブリティッシュ・ファッション・カウンシル、BFC)は14日、英国を拠点に活動するデザイナーたちに行った英国のEU離脱に関する調査の結果を発表した。同調査では、依頼した約500人中290人から回答が得られた。結果は、90%がEU残留を支持し、4.3%がEU離脱に賛成。その他の2.4%は未定と答え、2.8%は非回答だった。

6月10〜13日に行われた2017年春夏ロンドン・メンズ・ファッション・ウイーク期間中には、クリストファー・レイバーンらデザイナーもさまざまな方法でEU残留支持を表明した。「シブリング」のコゼット・マッククリーリーとシド・ブライアン、「イートウツ」のパトリック・グラントはショーのフィナーレに登場する際、「残留」を意味する「IN」と大きく書かれたTシャツを着用。また、若手デザイナーのダニエル・W・フレッチャーは、公式ショー会場の外で、家族や友人、モデルとともに「STAY」などのスローガンが書かれた横断幕やプラカードを掲げ訴えた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら