ファッション

CFDAが新たな協議員を選出。アシュリー・オルセンやプラバル・グルンなど

 アメリカファッション協議会(CFDA)は、3人の新たな協議員を選出した。1人目は、妹のメアリー=ケイト・オルセンとともに「ザ・ロウ(THE ROW)」や「エリザベス アンド ジェームス(Elizabeth and James)」を手掛けるアシュリー・オルセン。2人目は、自身のブランド「プラバル・グルン(PRABAL GURUNG)」のデザイナーだけでなく、「ICB」のチーフデザイナーも務めるプラバル・グルンだ。3人目は、「ケイト・スペード ニューヨーク(kate spade new york)」のプレジデント兼クリエイティブ・ディレクターであるデボラ・ロイド。3人は、これまで協議員を務めてきたヨーリー・テン、ケネス・コール、イザベル・トレドの後任となる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら