ファッション

三越伊勢丹が9月にパリにオープン 日本の職人技をショーケースする新店舗に

 三越伊勢丹ホールディングスは9月、パリ15区に出店する予定だ。パリ日本文化会館内の1階に出店する約93㎡の新店舗は日本人観光客ではなく、現地の顧客向けに日本のファッションやホームウエアを販売する。

 大西洋・三越伊勢丹ホールディングス社長は「ゆくゆくは約1000㎡の店舗を2〜3年内に、パリ、ロンドン、ニューヨークのいずれかにオープンしたい」とコメント。新店舗をテストマーケティングの場として位置付けており、大西社長は日本の職人技や文化を発信する店舗として期待を寄せている。「TPP協定の下、輸出が爆発的に増えることを想定し、日本文化をショーケースできる店舗だ。特に食やシューズ、アクセサリーにおいてはポテンシャルを感じる」と語った。同社はウィメンズシューズのプライベートブランド「ナンバートゥエンティワン(NO. 21)」をプルミエールクラスに出展しており、韓国にはすでに卸を開始している。今後、ヨーロッパや北米にも進出したいという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら