ファッション

30回目の開催を迎える「ベストジーニスト」賞が一般投票の受付を開始

 日本ジーンズ協議会の主催する「第30回ベストジーニスト 2013」は、一般投票の受付を開始した。同賞では「一般選出部門」を設け、得票数により、国内に在住する有名人の中から、最もジーンズが似合う男女各1人を選出。投票は、郵送のほか、公式ウェブサイト(http://www.best-jeans.com/)と携帯電話用特設ページ(https://ssl.best-jeans.com/present/vote/index_m.html)から行なえる。投票の締切は8月31日(消印有効)。投票者の中から抽選で25組50人を、今秋開催予定の「第30回ベストジーニスト 2013」表彰式に招待する。

 「ベストジーニスト」は1984年にスタート。今年30回目の開催を迎える。昨年は、「一般選出部門」で嵐の相葉雅紀と黒木メイサが選ばれたほか、「協議会選出部門」で夏木マリ、井浦新、ローラ、村田諒太が受賞。すでに「永久ベストジーニスト」として殿堂入りしているSMAPの木村拓哉と草�g剛、浜崎あゆみ、KAT-TUNの亀梨和也、倖田來未は、選考外となる。

 

■「ベストジーニスト」公式ウェブサイト
URL:http://www.best-jeans.com/

■携帯電話用特設ページ
URL:https://ssl.best-jeans.com/present/vote/index_m.html

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら