ニュース

【展示会】1周年を迎えた「リコリ」篠田麻里子、「もっといろんなことに挑戦したい」

 リゴレが手掛ける「リコリ」の2014年春シーズン(1月下旬〜3月上旬)は、ペールトーンのピンクや紫、黄色をメインカラーに素材ミックスしたり、モチーフを使ったり、シンプルながらも存在感のあるアイテムを発表した。アウターは、ニットを袖にドッキングしたレザーのライダースジャケットやレースを前面に配したツイードジャケット、袖を花柄オーガンジーにしたスタジャンなど、ボーイッシュなアイテムもガーリーな素材使いで提案する。また、お尻部分にシフォンのビッグリボンをつけたパンツや3重のフリルを施したデニムスカートなどバッグにアクセントをつけたフェミニンなスタイルも注目だ。春夏トレンドのデニムは、春らしいピンクやブルーのハイウエストパンツやジャンパースカートでガーリーに仕上げた。

?

 14年春でブランド設立1周年を迎えるデザイナーの篠田麻里子は、「今年春に『リコリ』を立ち上げてから、AKB48をメインにタレント活動を兼務していたので、この1年はとにかく早かった印象。今はブランド立ち上げの時に比べるとより『リコリ』のデザインに注力できる時間が増えているが、企画チームなどの協力もあり、無事1周年を迎えることができた。今後、さらに成長できるよう、もっといろんなことに挑戦し、新しい『リコリ』を提案していきたい」と話した。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら