ニュース

ハドソンズ・ベイがサックスを買収へ

 カナダの小売大手ハドソンズ・ベイ・カンパニー(HBC)は29日、米高級百貨店のサックス・フィフス・アヴェニュー(以下、サックス)を、負債を含め1株当たり16ドル(約1570円)、計29億ドル(約2840億円)で買収するようだ。HBCのリチャード・ベイカーCEOによると、サッ クスは今後、最大で、フルラインストア7店とアウトレットのオフ・フィフス25店をカナダにオープンするという。
 
 サックスのカナダ進出について「我々はできる限り早く実現させるつもりだ」とベイカーCEO。米高級百貨店のノードストロームが、すでにカナダにフルラインストアとアウトレットの出店を発表していることから、HBCは迅速にサックスをカナダに出店するべきだと判断したようだ。

 

 サックスは、今後40日間ハドソン・ベイより高額の入札があれば、そちらに身売りする可能性もある。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら