ビューティ

Aぇ! Groupがヘアカラー「パルティ」のアンバサダーに就任 ウェブCMも公開

ダリヤが展開する黒髪用ヘアカラーブランド「パルティ(PALTY)」のキャンペーンアンバサダーにAぇ! groupが就任した。アンバサダー就任に合わせて、7月11日から「Paltyで髪色Aぇ感じ!」キャンペーンのウェブCMを公開。また、あわせてメイキング動画を公開するほか、メンバーの髪色が“パルティ カラーリングミルク”のカラーに合わせて変化したキービジュアルの公開や、「パルティ オリジナル Aぇ! groupスマホスタンド」が当たるプレゼントキャンペーンを展開する。

キャンペーンの応募期間は7月20日から9月15日23時59分まで。期間中にパルティシリーズを2個購入し、LINEでダリヤ公式アカウントを友だち追加し、レシート有効期間内(7月11日〜9月15日)に対象商品を購入したレシートを写真に撮り、応募画面に沿って応募。合計1000人に抽選でオリジナルグッズをプレゼントする。A賞がアクリルスマホスタンドを700人に、B賞がQUOカード(2000円分)を300人にプレゼントする。

今回のアンバサダー就任に合わせて公開された公式インタビューは以下の通り。

——今回の「パルティ」がデビュー後初のキャンペーンアンバサダー就任になりますが、 撮影の感想や起用を聞いた時の思いを教えてください。

末澤誠也(以下、末澤):Aぇ! groupとしてデビュー後初ということで、髪の毛を染めるメンバーもいるので、うれしかったです。

佐野晶哉(以下、佐野):今まで髪の毛を染めたことなかったので、染めたくなっちゃいました!

末澤:これをきっかけに! 何色に?

佐野:「パルティ」の<憧れラベンダー>に。紫色大好きやし。紫の人大好きやし。

小島健(以下、小島):ごめん……片思いやわ。

——今回のウェブCM「Paltyで髪色Aぇ感じ!篇」の見どころを教えてください。

正門良規(以下、正門):やっぱ誠也くんのあれじゃないですか?

末澤:そうですね、僕のあれは見どころになっているかと思います!

小島:1人ずつセリフがあるのとリチャくんのが面白かった。セリフ言いながらダンスしてた(笑)。

草間リチャード敬太(以下、チャード):ちょっと動く範囲は考えてね〜って監督に言われたから(笑)。何パターンも撮影したからどれが使われてるんやろ……。でもAぇ! groupの爽やかな部分が今回は出てるんじゃない?

佐野:普段のAぇ! group、「密着〜」とか言わへんもん(笑)。爽やかさとフレッシュさを全面に押し出してた。

——今回の「Paltyで髪色Aぇ感じ!」キャンペーンのキービジュアルでは、みなさんの髪色がさまざまなパルティのカラーに染まっています。1番「髪色がAぇ感じ」なのはどなただと思いますか?

小島:うわ〜俺は末さんの「ロンドンマスクメロン※」がめっちゃ好きで〜。
※架空のカラー名。

末澤:あ〜違う! なにそれ! はじめて聞いた! なんか高そう高そう! 違うよ俺は<ごきげんピンク>!

正門:マスクメロンなんやったら中がオレンジ色やから、オレンジ色っぽい感じの……。

末澤:ええって! そこ広げんくて!

小島:僕は<夢みるブルージュ>で、ブルーの髪色に昔したことあったんで、また染めたくなりましたね〜。

正門:僕は<魅惑のアッシュ>。「パルティ」はドラッグストアとかでお手軽に買えるので、めちゃくちゃ良いなって思いました。

リチャ:昔は結構髪色変えていたんですが、最近はしてなくて、今回<うっとりグレージュ>に変わったのは新鮮でした。

末澤:じゃあ誰が1番似合ってたかせーので指差ししよ! せーの!
(佐野→小島、佐野以外のメンバー全員→佐野)

佐野:え! 僕の<憧れラベンダー>が優勝!? やった!

——パルティは<ごきげんピンク>、<憧れラベンダー>など特徴的なカラー名ですが、Aぇ! groupのメンバーをイメージしたカラーを考えるならどんなカラー名になりますか?

リチャード:末澤は「ロンドンマスクメロン」(笑) 。

末澤:俺のメンバーのイメージとかじゃないやん!

佐野:「正門デニム」とかどう?

正門:あぁ! インディゴブルーの! デニムみたいに色落ちの過程も楽しめるとか良さそう!

佐野:小島くんは、「裏方ブラック」。

末澤:あぁ〜演出とかそういう仕事もするし?

小島:じゃあ佐野はパーマ……「パーマグリーン」で!

佐野:パーマメインになってるやん!

小島:リチャくんは「シャイニングイエロー」明るめの黄色。

リチャード:えぇ?シャイニングイエロー?

末澤:なんかリチャードが1番普通の色やん(笑)。

アイテム

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。