ニュース

サックス・フィフス・アベニューがマンハッタンに2店舗目の出店を検討

 サックス・フィフス・アベニューが、マンハッタン2店舗目となる新店をオープンする見込みだ。近日中に契約を交わすという。場所はワールド・トレード・センター近く、ファイナンシャル・ディストリクトの一角にあるブルックフィールド・プレイス内で、フルラインを揃える。

 ブルックフィールド・プレイスは、現在2億5000万ドル(約255億円)規模の再開発を行っている。その中で、2つの核テナントを準備しており、その両方、もしくはそれ以上をサックス・フィフス・アベニューが占める可能性もある。他にも「エルメス(HERMES)」や「サルヴァトーレ フェラガモ(SALVATORE FERRAGAMO)」「マイケル・コース(MICHAEL KORS)」など40ブランドを目指し、アプローチしているようだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら