ニュース

2015年に80周年を迎える「ランコム」から、常識を打ち破った新マスカラが登場

 2015年でブランド誕生80周年を迎える「ランコム(LANCOME)」は15年1月30日、記念すべき年の幕開けにふさわしい渾身の新マスカラ「グランディオーズ」を発売する。マスカラのエキスパートと呼ばれる「ランコム」が、最先端のフォーミュラとテクノロジーを駆使。まつげを上品にドラマティックに演出するマスカラが誕生する。

 「女性のまつげ、まなざしに真剣に向き合ってきた『ランコム』がたどりついたのが、まぶたの形そのものだ」と都築誠也・副事業部長。その意味とは、「曲線で構成される目元は手の届きにくいエリアが多く、最大限に効果を得るための習得が極めて難しい」ということだ。「ランコム」のエキスパートが、目元の複雑な形状を研究し誕生したのが、「スワンネック(黒鳥の首)」。2カ所でカーブした画期的な柄にハイテク植毛を施したブラシ、さらに独自のランコムローズ幹細胞を配合した次世代のマスカラ液の組み合わせを実現。濃密な黒を持った美しいカールが24時間持続する。

 ボトルは、ランコムローズを繊細に描いた半透明のキャップが特徴的でアクセサリーのような雰囲気を演出。さらに、ミューズとして女優のペネロペ・クルスを起用。強い印象を持つ魅力的な目元を披露する。

 また、このほど行った発表会では、ラグジュアリーな雰囲気の中、柄の曲線をイメージさせるダンスやサンドアートで「グランディオーズ」を描くパフォーマンスなどが繰り広げられた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら