ニュース

「バレンタインギフト」ランキングTOP5〜BALS TOKYO NAKAMEGURO〜

 「フレグランスを贈るほど親密ではないが、室内や車内で使う香りなら押しつけがましくなく、しかも二人で楽しめる」と、BALS TOKYO の中村絢子・商品部担当は話す。大切な人と共有する時間と空間をいかに演出するかは、女性にとって大切なポイント。「好きな香りをギフトにすれば、自分も彼もハッピーになれて一石二鳥」というわけだ。

 

1位

ウ・ドゥ・イタリー「ディフューザー」(245ml)7140円

 

イタリア、アマルフィ海岸のリゾート地ポジターノで、世界中のセレブに愛される5つ星ホテルのアメニティーとして誕生した、ハイセンスなフレグランスシリーズ。花や果実などの自然の香りを閉じ込めたディフューザーは、「バーベナ& セージ」「ティー& ローズ」「フィグ& ベリー」など全7 種。写真の「ポメグラナット& フリージア」は、ザクロとフリージアの香り

 

 

 

 

 

2位

ドットール・ヴラニエス「フレグランスリネンスプレー〈ARIA〉」(250ml )3990 円

 

クローゼットやチェスト、カップボード内でフレッシュな香りを放つリネンフレグランスシリーズの中から、ベッドリネンや布に直接スプレーできるフレグランス。7 種類の香りが揃っているが、〈ARIA〉はシトラスとベルガモットそして満開のミモザに、モスとホワイトムスクが調和する繊細な香り。他にシートタイプや白陶器製のセラミックフレグランスもある

 

 

3位

ドットール・ヴラニエス「カーパルファム スプレー〈クオイオ ノービレ〉」(100ml)6300 円

 

車専用のフレグランス。アルコールを一切使用しない不燃性のため車内でも安心。スプレータイプは、カーマットに噴き付けることで足もとから車内空間へと香りが広がる。3つの香りがあるが、〈クオイオ ノービレ〉は、スミレの葉にアンバーやホワイトムスクなどがやさしく溶け込み、ベティバーやシダーが落ち着きを与える、アーシーで洗練されたレザーノート

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら