ファッション

「アクアスキュータム」若年層獲得へセカンドライン刷新 ストリートテイストを加味

小泉グループのオッジ・インターナショナルが展開する「アクアスキュータム(AQUASCUTUM)」は、セカンドライン“アクアスキュータム ホワイトレーベル(AQUASCUTUM WHITE LABEL)”を2024-25年秋冬にリブランディングする。同ラインはレナウン時代の13年にスタートし、同社の経営破綻に伴い20年8月にオッジが事業を譲受。ファーストラインと同様、トラッドを基調にしながら価格を抑えたエントリーアイテムを展開してきたが、新鮮なトレンドやストリートテイストを加味したユニセックスラインとして再始動する。

トレンチコートを主役に
トラックジャケット、パンツで抜け感

「アクアスキュータム」のブランド顧客の高齢化(主に50代以上)が進む中、“ホワイトレーベル”では20〜30代の若年層の取り込みを主眼に置く。ブランドの代表商品であるトレンチコートやジャケットをコーディネートの主役にしながら、ハイネックのトラックジャケットやダンボール素材のスエット、サイドライン入りのトラックパンツを合わせ、抜け感を出す。男女兼用できるよう全体的にオーバーサイジングで、XSとSが女性向け、M以上が男性向け。価格は従来と同様「アクアスキュータム」よりも抑えており、コートが6万3000〜12万円、ジャケット3万2000〜6万3000円、ボトムス2万3000〜3万6000円、ブラウス2万2000円、カットソー1万3000〜3万2000円、アクセサリー1万5000〜2万8000円。

ECは「アクアスキュータム」と切り離して“ホワイトレーベル”単独サイトを立ち上げるほか、商業施設でのポップアップストアでも認知拡大を図る。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。