ビューティ

「ロクシタン」からご当地コスメが初登場 人気ハンドクリームを上野のパンダ、京都の舞妓さんデザインに

ロクシタン(L'OCCITANE)」は、定番の“シア ハンドクリームから新しく日本を代表する観光地デザインの“ご当地ハンドクリーム”(各30mL、各1760円)を地域限定で発売した。

“ご当地ハンドクリーム”は現在、舞妓さんと桜を描いた京都デザイン(京都駅近郊の「ロクシタン」4店舗で販売)と、パンダのイラストを施した上野デザイン(「ロクシタン」上野アトレ店で販売)の2種を展開している。パッケージの背景をほんのりと和柄に仕上げ、かわいらしいイラストと和の要素のバランスにこだわった。

「ロクシタン」のPR担当は発売のきっかけについて「インバウンドを含め幅広いお客さまのニーズに応えるため」と話し、“シア ハンドクリーム”を選んだ理由は「ブランドを代表するハンドクリームであるからこそ、元のデザインを踏襲しつつ新しい風(デザイン)を吹き込むことで、より多くの方に手に取っていただけるのではないかという点と、お土産やギフトとして渡しやすい商品という観点からもハンドクリームがぴったりだと考えた」と述べた。

売れ行きも好調に推移しており、「4月下旬頃にリニューアルオープンする渋谷駅前スクランブル交差点脇の渋谷店でも2種を販売する予定で、その後状況を見つつ観光客の多い場所で展開を検討している」と今後の展望をコメントしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。