ビューティ
連載 齋藤薫のビューティ業界へのオピニオン

AIに仕事を奪われる可能性No. 1のこの業界にあって、今、私たちは何をすべきか?

有料会員限定記事

「WWDJAPAN」には美容ジャーナリストの齋藤薫さんによる連載「ビューティ業界へのオピニオン」がある。長年ビューティ業界に携わり化粧品メーカーからも絶大な信頼を得る美容ジャーナリストの齋藤さんがビューティ業界をさらに盛り立てるべく、さまざまな視点からの思いや提案が込められた内容は必見だ。(この記事は「WWDJAPAN」2024年3月25日号からの抜粋です)

「まず、この素晴らしい旅を通して、私を支えてくれた業界と人々に心から感謝の意を表したい。情熱と挑戦、そして何よりもストーリーテリングという芸術への揺るぎない愛に満ちた人生だった」。これは今年2月、英国女優のヘレン・ミレンが、アメリカン・シネマテク・アワードの授賞式に登壇したときのスピーチだ。“感動的”なこの内容を万感を込めて朗々と語ったヘレン・ミレンだったが、語り終えた途端「以上!AIが書いたスピーチでしたー」と読み上げていたスピーチ原稿を大げさに引き裂いて、堂々捨て去ったのだ。観客は当然のこととして大喝采! しばらく拍手が止まなかったほど。

言うまでもなく、ハリウッドでは去年から脚本家協会が主体となって、俳優や裏方のスタッフと共に、ストライキを敢行している。生成AIの登場が自分たちの仕事を脅かしていることへの抗議である。例えば脚本も、必要な要素を入力するだけで、間違いなく人を感動させるシナリオをAIがあっという間に書き上げてしまうと言われる。

またエキストラも基本となる人間の動きを取り込めば、目的に応じて生成AIが俳優の姿を作り上げてしまうので、必要な人員は激減すると言われるのだ。脇役俳優や演出も含めて、多くの仕事がAIに取って代わられる可能性を秘めている。過去に例を見ない死活問題と言うべきだろう。だからヘレン・ミレンのこのスピーチ。単なる受け狙いではない、どれだけ多くの人を勇気づけたか分からないのだ。

この続きを読むには…
残り872⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。