ビジネス
特集 先行企業に学ぶ生成AIのビジネス活用 第1回 / 全8回

生成AIは人類の蝶?! その特徴とビジネス活用における課題とは?

有料会員限定記事

生成AIは人類の蝶?! その特徴とビジネス活用における課題とは?

Fly Higher with AI

「言葉を入れるだけで、文章や画像を生成する」――生成AIの登場は、移動の手段が馬から車に変わるほどのインパクトと言われている。果たして私たちのビジネスにはどんな影響をもたらすのか。生成AIの特徴と課題をまとめる。(この記事は「WWDJAPAN」2023年10月30日号からの抜粋です)

AI研究の第一人者であるジェフリー・ヒントン(Geoffrey Hinton)博士は3月15日、自身のツイッター(現X)にこう投稿した。

“Caterpillars extract nutrients which are then converted into butterflies. People have extracted billions of nuggets of understanding and GPT-4 is humanity's butterfly.”(青虫は栄養を取り入れ、蝶へと変わる。人々は数十億もの知識のかけらを取り出してきた。GPT-4は人類の蝶だ)。

人々が持っている知識や経験を、青虫が摂取する栄養素に例え、それが、GPT-4のようなAIモデル(蝶)に集約・転化されているというメタファーだ。

蝶は変容と変化の象徴だが、青虫は蝶になる過程のサナギの中で体のほとんどすべてが溶けてドロドロになり、そこから蝶の体へと再構築するという不思議な変態をする。この様子がまさに大規模言語モデル(LLM)に似ているというわけだ。

この続きを読むには…
残り3049⽂字, 画像4枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。