ファッション

資生堂とセブン&アイ・ホールディングスが初の共同企画・開発で男性用デオドラントアイテムを発売

 資生堂とセブン&アイ・ホールディングスは初の共同企画を行い、男性の臭いの悩みに対応したメンズオフィスデオシリーズ「セブンプレミアム×エージープラス」からボディーソープ、シャンプー、コンディショナー全3品目6品種を開発した。全国のセブン-イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマート、セブン美のガーデンのセブン&アイグループ1万8434店で10月14日から順次発売する。

 富士経済によると、近年の男性化粧品市場は身だしなみの意識向上からボディーケア、フェースケアが伸長し、2014年は前年比103.1%の1094億円となっている。その中で、セブン&アイ・ホールディングスは男性が化粧品日用品において身だしなみの悩み、感心事で体臭・口臭・保湿・乾燥が高かったこと、コンビニで購入できるとうれしいもの1位にボディーソープ、シャンプーが挙げられていることから、資生堂の「美容研究に基づく知見」とセブン&アイ・ホールディングスの「お客の知識や見解」がタッグを組みデオドラントアイテムの共同企画となった。9月24日に行われた記者発表会で、セブン&アイ・ホールディングスの鎌田靖・取締役常務執行役員商品本部長は「『エージープラス』は認知度や効果の期待値も高い。『セブンプレミアム』の売り上げ目標である1兆円に寄与してくれるだろう」と自信を見せた。資生堂の杉山繁和・執行役員日本事業本部コスメティクスブランド事業本部長は「コンビニをメインに、30〜40代男性をターゲットにしている。『エージープラス』ブランドに無かったラインの登場で、今後の成長拡大において貴重な場になると期待する」と話した。

■セブンプレミアム×エージープラス「メンズオフィスデオ ボディーソープ」
価格:(300mL)647円、詰め替え(240mL)462円(※編集部調べ)
■同「メンズオフィスデオ シャンプー」
価格:(300mL)647円、詰め替え(240mL)462円(※編集部調べ)
■同「メンズオフィスデオ コンディショナー」
価格:(300mL)647円、詰め替え(240mL)462円(※編集部調べ)
全て2015年10月14日発売

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。