サステナビリティ

地元広島の里山や街路樹など未利用材を活用、土井木工のロビーベンチ

土井木工が、地元広島の地域材を使用したロビーベンチを発表した。

「イン・ア・サイクル(in a CYCLE)」と名付けた木の循環利用の取り組みでは、資源として使われることが少ない未利用材を優先的に活用する。人工林に偏った木材の使用を見直し、輸入に依存しない国産の樹々の育成・使用で暮らしの循環を目指す。

今回発表したロビーベンチは、オフィスや公共施設、商業施設向けにデザインした。フレームを異素材にすることで、限られた地域の資源を有効活用する。今回は、手つかずで放置された里山で、ナラ枯れを引き起こし山を荒廃させてしまうこともあるナラ材、広島駅の大規模リニューアルに伴い伐採対象となっていた広島駅周辺の街路樹、建築構造材のサイズを超える市場価値の低いヒノキ大径木を素材に使用している。

今後は広島県内だけでなく、関西地区の里山材を調達し、製品ラインナップを増やしていく予定だという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有終の美もドリスらしく 2025年春夏メンズ速報

「WWDJAPAN」7月8日号は、2025年春夏メンズ・コレクション速報です。表紙と巻頭では、今シーズン最も話題を集めた、ドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)によるラストショーを紹介します。「ドリス ヴァン ノッテン」として初めてランウエイショーを開催してから、通算129回目を迎える引退ショーを通じて、ドリスは何を伝えたかったのでしょうか。答えは、とても潔くシンプルでした。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。