ビューティ

「ビー」が椿端材を利用したヘアアクセサリーとヘアオイルの限定セットを発売 アップサイクルブランドとコラボ

サステナブルビューティブランド「ビー(Be)」は12月1日、建築端材をアップサイクルしたアクセサリーブランド「キナコ(KINAKO)」とコラボレーションし、限定セット2種を数量限定で発売する。取り扱いは、「ビー」公式サイトおよびEC。

限定セット“Be + KiNaKo 東京利島を感じるオーガニックなヘアアレンジセット”(5500円)は、「ビー」の天然成分100%のヘアオイル“オーガニックヘアオイル”(25mL、ミニサイズ)とヘアアクセサリーをオリジナルミニ巾着に詰め込んだ。椿端材を利用したかんざしをセットした“サステナブルかんざし”と、バングルをセットした“サステナブルバングル”の2種を用意する。

ヘアアクセサリーは、樹皮を活かし、髪にフィットしやすいようにカーブしたデザインが特徴。デザインは「キナコ」が、仕上げは木工業者のマルウッドワーキング(maru wood working)が行った。材料には、東京・利島産椿の間伐材を再利用しており、1本の丸太でかんざし6個、バングル6個の計12個が作られる。

「ビー」は、椿オイル生産者が課題に掲げる「間伐材」の利用に着目した。利島は、環境に配慮した有機栽培を行う日本有数の椿産地だ。同ブランドのヘアオイルの原料にも、利島産椿オイルが利用されている。間伐は、椿畑を維持するために必要な林内密度を調整する作業だが、島全体で年間600~1000本を間伐しており、椿オイルの生産者にとって間伐材の利用は将来に向けた課題となっている。そこで、「木の廃材を使って何かをしたい」と話していた「キナコ」のブランド設立者、木上奈都子氏にデザインを依頼し、今回のコラボレーションが実現した。「ビー」は、間伐材の活用を商品開発に組み込み、継続的な活動とすることで椿オイル生産者の課題解決につなげていく。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有力企業17社の新卒採用責任者が登場 ファッション&ビューティ業界の「イマドキ採用」特集

「WWDJAPAN」2月19日号は、ファッション&ビューティ企業の「新卒採用」特集です。コロナ禍を経て、新卒の採用活動は大きく変わりつつあります。コロナ禍の収束に伴う求人倍率の上昇、慢性的な人手不足、就活の長期化などによって、かつてのような「大量にエントリーを集め、面接でふるい落としていく」というやり方は、すでに過去のものになっています。現在のキーワードは「相互理解」「ホンネ」「共感」。福利厚生の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。