ファッション

METガラ2014で、セレブの最新ビューティルックをチェック。主流はクラシック!

 ニューヨークのメトロポリタン美術館で5月5日、米ファッションデザイナー、チャールズ・ジェームズの回顧展のプレスプレビュー(METガラ)が開催された。アナ・ウインター=米「ヴォーグ」編集長が主催する同イベントには、サラ・ジェシカ・パーカーやブレイク・ライブリーをはじめとする豪華ゲストが駆け付け、盛大なパーティが開催された。

 夜会スタイルを得意としたチャールズ・ジェームズにオマージュを込め、クラシックな装いでレッドカーペットに現れたセレブリティーたち。ヘアメイクもシックなルックが目立った。

 その中でもモードな着こなしに注目が集まったのは、パンツルックに挑戦したモデルのカーラ・デルヴィーニュ。ファッションはミニマルにまとめ、大きめのウェーブをかけたダウンヘアがレディな印象を引き立てた。メイクはチャームポイントの眉を一層強く描き、目もとをブラックで強調。アイフォーカスが、凛々しくもエレガント。リップはヌードというバランスも真似したい。

 "古き良きハリウッドを偲ぶ"ルックで登場したのは、ブレイク・ライブリー。大きめのウェーブをかけたダウンスタイルのヘアに、色みを抑えた赤リップと同系色のシャドウを合わせ、グラマラスな印象に仕上げた。

 モデルのカレン・エルソンのメイクを手掛けたジェニー・スミス=NARS リード メーキャップスタイリストは、「今回のドレスコードは、『ホワイト タイ(夜の正礼装)』。エレガントなドレスに合わせ、メイクはスモーキーアイとヌーディなリップの組み合わせか、もしくはアイとリップの両方を強調した王道のルックが主流だった。活躍したのは、NARS『デュアルインテンシティーアイシャドウ』(2014年夏の新製品)や『ベルベットマットリップペンシル』。しっかりと発色するアイテムで、時代を超えたクラシカルなメイクを作るのに役立った」と解説した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら