ビジネス
特集 販売員特集2023 第23回 / 全31回

「悔しさ」をバネに挑戦したスタイリング投稿 「ロイヤルフラッシュ」代官山店・青木友宏さん

有料会員限定記事

PROFILE: 青木友宏さん/「ロイヤルフラッシュ」代官山店

青木友宏さん/「ロイヤルフラッシュ」代官山店
PROFILE: (あおき・ともひろ)1990年11月生まれ、栃木県出身。大学2年から上野商会(当時)のアウトレット店でアルバイトをはじめ、2013年に同社へ新卒入社。ロイヤルフラッシュに配属され、神宮前店、大阪店を経て、21年9月より代官山店に勤務。現在は店長、バイヤー、企画、MDの業務に携わる

どことなく近寄りがたい雰囲気を持つ「ロイヤルフラッシュ(ROYAL FLASH)」代官山店の青木友宏さん。しかし話し始めると気さくで、ファッションに対する愛情の強さを感じる。(この記事は「WWDJAPAN」2023年11月6日号から抜粋・加筆しています)

「個性が強くて怖そうなイメージを崩すために、お客さまに声を掛けるときは『こんにちは』といっています」

その後の会話でも、手に取ったものに対して「サイズありますよ」とか「試着できます」とは言わない。それではお客さまは「わかりました」と答えるだけで会話が終了してしまう。できるだけ会話が続くような声掛けを念頭にする。

「点で終わる接客ではなく、線や面になる接客を心がけています。その場だけで完結せず、『あいつのおススメ良かったな』と思い出して、また来店してくれるような提案を考えています」。そんな接客をどう身につけたのか尋ねると、「大阪のお客さまに鍛えられました」と答えた。

転機になった大阪店への異動

学生時代から上野商会でバイトをしていた青木さんは、その経験を生かしたいと最初に配属された神宮前店時代に「バイヤーをやりたい」と手をあげた。だが2シーズンで外され、悔しい思いをした。そんなとき上司から「大阪店へ行ってみないか」と言われた。

「当時は接客していてもお客さまに響いていないなと感じていましたし、バイヤーとしていい結果が出せずにいましたが、そのときは『大阪店に行けば、何とかなるだろう』とタカを括っていたんです」

ところが大阪店勤務が始まると、経験は全く役に立たない。客から「何かないの?」と聞かれても、気にいってもらえる提案ができず「面白くないなぁ」と言われてしまう。また客のサイズ感が分からず、合わないサイズを持っていき怒られたこともあった。

この続きを読むには…
残り865⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。