ファッション

【スナップ】東欧モルドバの“度が過ぎる”個性 若者はアングラムードで自由を謳歌

東欧に位置するモルドバの首都キシナウで、ファッションの祭典「モルドバン・ブランズ・ランウエイ(Moldovan Brands Runway)」が9月に開催された。同イベントではメイン会場でトークショーとランウエイショーが2日間にわたって行われ、一般参加可能だったため地元の美術大学学生も多く参加した。

会場で見かけたのは、旧ソビエト連邦各国で見られる、エッジの効いたアンダーグラウンドなスタイルだ。テーラリング主軸のモルドバ発ブランド「ストローパ(STOROPA)」のジャケットや、隣国ルーマニアに拠点を置くゴシック調な世界観の「アレクサンドリュ フロアレア(ALEXANDRU FLOAREA)」のコルセットを着用する来場者もいた。

ただ、多くの若者は古着を自ら解体し、再構築した独自性の高い洋服をまとっていた。ツヤ感のあるハードなレザーと相反する繊細なレース、ランジェリーによる大胆な露出。そして、ボディーラインを強調する古典的なコルセットがあれば、SF映画さながらのビッグフレームのサングラスもあり、時代もカテゴリーも異なるアイテムを自由自在にミックスさせて、個性を表現する独自のスタイルが印象的だった。

ウィメンズ

全然“クワイエット”じゃない
大胆主張の派手スタイル

メンズ

ストリート派は王道寄り
モード系はクセ者ぞろい

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。