ビューティ

7月のヒットランキング「フェイスパウダー」TOP5 トモズ編

ドラッグストアのトモズではメイクアップ需要の回復に伴い、フェイスパウダーの売れ行きも好調だ。そこで、トモズのフェイスパウダーの売れ筋トップ5を聞いた。(集計期間2023年7月1~31日)
この記事は、無料会員登録で最後まで読めます。会員でない方は下の「0円」のボタンを押してください

【トモズ「フェイスパウダー」売り上げTOP5】

1位 資生堂“スノービューティー ブライトニング スキンケアパウダー”【医薬部外品】<数量限定>(25g、7150円)
2位コーセー “メイク キープ パウダー” (5g、1320円※編集部調べ)
3位「タイムシークレット(TIME SECRET)」“ミネラル薬用プレストパウダー”【医薬部外品】[SPF50+・PA++++](8g、1980円)
4位「VT」“CICAノーセバムマイルドパウダー”(5g、750円)
5位「イニスフリー(INNISFREE)」“ノーセバムミネラルパウダー”(5g、899円)

トモズの7月のフェイスパウダーの売り上げは前年同月比200%増と好調に推移した。遊佐真輝トモズ商品部チーフは、「新型コロナウィルスが5類に分類されたことを受けて、メイクアップ需要の回復が見られた」と述べる。

ランキング1位の“スノービューティー ブライトニング スキンケアパウダー”は、美白有効成分m-トラネキサム酸を配合した薬用美白美容パウダーだ。「自然なカバーと艶感をプラスしてくれる。スキンケアの仕上げとしても使えると好評だ」。2位“メイク キープ パウダー”は、「皮脂によるテカリやべたつき、化粧崩れを防ぐパウダーとしてSNSで人気を獲得」。3位の「タイムシークレット」は、「リニューアル後、実績が好調だ。肌荒れもケアし、『ファンデ級のカバー力』と支持されている」。

4位「VT」は、「『粒子が細かく、塗るとサラサラ肌になる』と話題に」。5位「イニスフリー」は、「皮脂吸着パウダーとミネラル皮脂コントロールパウダー配合で、過剰な皮脂を吸着しサラサラに仕上げてくれる。取り扱いを始めてから、ロングセラーとなっている」。4、5位は共に無色のパウダーで、テカリやメイク崩れ防止だけでなく、額や髪の生え際にのせて前髪キープといった使い方もされている。

―――担当者のおすすめアイテムは?

遊佐真輝トモズ商品部チーフ(以下、遊佐):4位の「VT」“CICAノーセバムマイルドパウダー”がおすすめ。粒子が細かく肌に密着するためサラサラになるところがポイントだ。コンパクトなので持ち運びにも便利で愛用している。

―――フェイスパウダー以外で、好調なカテゴリーは?

遊佐:シートマスクカテゴリーが好調だ。特に、「クオリティファースト(QUALITY 1ST)」シリーズと「ルルルンプレシャス(LULULUN PRECIOUS)」シリーズが動いている。ビタミンCやレチノール配合のアイテムなども引き続き人気が高い。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。