ビューティ

「プラダ」のDNAを体現した新フレグランス“パラドックス” ロゴの形のボトルはリサイクル可能

「プラダ(PRADA)」から、新フレグランス“パラドックス”が登場した。“パラドックス”とは、“矛盾”という意味で、相反する要素を調和させてきたブランドのDNAの一つだ。ミュウッチャ・プラダ(Miuccia Prada)とラフ・シモンズ(Raf Simmons)のディレクションの下、ジボダンのマスター調香師のナデージュ・ル・ガランテゼックやシャマラ・メゾンデュー、アントワーヌ・メゾンデューの三人がブレンドを担当。ボトルは、一目見ただけで「プラダ」と分かるロゴの形で、その中のフレグランスには人々が持つ“さまざまな顔”が表現されている。人が見せる強さや弱さ、それら全てを含めた“自分らしさ”を肯定し、讃えるフレグランスに仕上がっている。

環境に優しい香料やパッケージを使用

“パラドックス”は、タイムレスなホワイトフローラルのノートにマスキュリンなアンバーやムスクが加わった深みのある香りで、弾けるような香りを実現するために、ネロリの花のつぼみからエッセンスを抽出。開花前のネロリのつぼみからエッセンスを抽出するために新しく開発された技術を用いたという。通常セージから抽出されるアンバーアコードであるアンブロフィックスの原料にはサトウキビを用いることで生産に必要な農地を100分の1に抑えた。ムスクに使用されているセレノイドは拡散性が高く、再生可能に由来した香料だ。

また、外箱、ボトル共にリサイクルが可能。全てのボトルはリフィルできるようになっている。リフィルを使用することで、パッケージを4割削減が可能で、ガラスが約29%、金属が約67%、プラスチックが約46%、段ボールが約39%の削減になる。

エマ・ワトソンがミューズに

“パラドックス”のミューズには、俳優、活動家、アーティストであるエマ・ワトソン(Emma Watson)が就任。自ら監督したキャンペーン用のショートフィルムで、8人のワトソンとしての顔を見せている。同フィルムは彼女の監督としてのデビュー作であり、サステナビリティへのコミットメントの証でもある。

価格は、30mLが1万1500円、50mLが1万5950円、90mLが2万2550円、リフィル(100mL)が2万900円。90mLとリフィルは「プラダ」のブティックで販売中。30mLと50mLは、9月に開催予定の伊勢丹新宿本店のポップアップで発売される。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。