ビューティ

【2023年バレンタイン】「セルヴォーク」がバレンタインコレクションを発売 アイパレットなど3種類

 「セルヴォーク(CELVOKE)」は1月20日、2023年のバレンタインコレクションを全国の店舗および公式サイトで限定発売する。“溶けるような愛”をキーワードに、アイパレット、ロールオンオイル、ハンドクリームの3種類を用意している。

 毎回人気となるアイパレットのバレンタイン限定品“セルヴォーク ヴァティック アイパレット”(限定1種、税込6820円、以下同)は、優しく色づくクリームカラー3色と、パール感のあるバーガンディレッドのパウダーカラーで、質感の異なるレイヤードが魅惑的な目元を演出。クリームカラーは肌に乗せるとさらりとした質感に変化するフォーミュラを採用しているほか、パウダーカラーは植物由来オイルが配合されているため、なめらかにまぶたに密着し、ラメや粉落ちを防ぐ。

 天然由来のエッセンシャルオイルとオーガニックオイルのブレンドで作られている“セルヴォーク ロールオン オイル A<プラーナルウッドの香り>”(限定1種、3960円)は、13種類のエッセンシャルオイルによるウッドベースの奥深い香りが特徴。香水のように手首や耳の後ろに塗ったり、保湿オイルとして肌や指先のケアに使うことができる。

 ハンドクリーム“セルヴォーク ハンドクリーム A<プラーナルウッドの香り>”も植物由来成分100%の製品で、“禅”をイメージしサンダルウッド、シダーウッド、フランキンセンスなど寺院や瞑想時に使われてきたエッセンシャルオイルを中心にブレンドした。肌に乗せるとみずみずしく広がり、ふっくらと柔らかい手肌へと導く。

 マッシュビューティラボの「セルヴォーク」は天然由来成分と最新テクノロジーを掛け合わせたブランドとして16年秋にデビュー。翌年にはメイクラインも誕生し、オーガニック・ナチュラルブランドには少なかった洗練されたモード感のある発色や機能性の高さがファッショニスタから支持された。特に、トレンド感を取り入れたアイパレットは毎回注目を集めている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。