ファッション

「ヴァンズ」のプレミアムラインが「パーム エンジェルス」と初コラボ スケートカルチャーにオマージュを捧げる3足のスニーカーを発売

 「ヴァンズ(VANS)」のプレミアムライン“ヴォルト・バイ・ヴァンズ(VAULT BY VANS)”は、「パーム エンジェルス(PALM ANGELS)」と初コラボし、3足のスニーカーを発売する。

 発売するのは“スケートハイ(SK8-HI)”(1万9800円税込、以下同)、“スケートミッド(SK8-MID)”(1万9250円)、“オールドスクール(OLD SKOOL)”(1万8700円)で、「パーム エンジェルス」の公式オンラインストアですでに販売中だ。10月1日には、“ヴォルト・バイ・ヴァンズ”取り扱い店舗のビリーズエンター渋谷店と公式オンラインストア、グレイト、ヌビアン、タイム アフター タイムでも扱いを開始する。

 フランチェスコ・ラガッツィ(Francesco Ragazzi)「パーム エンジェルス」創設者兼クリエイティブ・ディレクターは、「2014年の『パーム エンジェルス』創設時に、ロサンゼルスのベニスビーチで写真集の撮影をしたのだが、その際に見たこともないビンテージの“スケートハイ”を履いたスケーターと出会った。それ以来、『ヴァンズ』とのコラボのアイデアは常に頭の中にあり、今回ようやく実現した。その時のイメージのままに、ビンテージ感を残しつつコンテンポラリーなデザインとしたのが特徴だ」と話す。

 また“ヴォルト・バイ・ヴァンズ”は、「3足のスニーカーは、スケートカルチャーの持つ“自由と個性”を表現する」と述べる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。