ファッション

NCTのジェノがオープニングに登場! 「ピーター ドゥ」2023年春夏コレクション

 ニューヨーク発の「ピーター ドゥ(PETER DO)」は13日、2023年春夏コレクションのショーを開催した。同ブランドは18年の立ち上げ以来、ウィメンズに注力してきたが、今回初めてメンズウエアを披露。そのファーストルックを、韓国の大手芸能事務所SMエンターテインメント所属のK-POPグループNCT DREAM(エヌシーティードリーム)のメンバー、ジェノ(JENO)が着用した。

 ジェノは、背中がカットアウトされたシルクの黒いタキシードジャケットに、サイドスリットの入ったサテンのバギーパンツ、スクエアトゥのプラットフォームブーツで仕上げたルックで登場。ショーのオープニングを飾った。

 「ピーター ドゥ」は、今年5月に行われたファッション展覧会のオープニングイベント「メットガラ(MET GALA)」で、NCT 127のジャニー(Johnny)にカスタムメイドのスーツを提供している。黒のシルクサテンで作られたタキシードを身に着けたジャニーの様子は大きな話題を呼び、米調査会社ネットベース・クイッド(NETBASE QUID)によれば、ソーシャルメディア上で約24万のメンションがあったという。その後、「ピーター ドゥ」はSMエンターテインメントとパートナーシップ契約を締結。このことから、今回のショーには同事務所に所属するSM ROOKIES(SM ルーキーズ)のショウヘイ(SHOHEI)とウンソク(EUNSEOK)も登場した。

 デザイナーのピーター・ドゥは、フィービー・ファイロ(Phoebe Philo)が率いた時代の「セリーヌ(CELINE)」で培った高いテーラーリング技術を生かした、タイムレスで上質なリアルクローズを得意としている。今回のコレクションも、美しいシルエットのスーツやブレザー、ユニセックスなデザインのシャツ、タンクトップ、パンツ、スカート、トレンチコートなどで構成。スーツやコートを解体して内側の構造を見せたり、レザージャケットやフリルシャツの背中をカットアウトして肌を見せたりと、卓越したクリエイティビティーが印象的なショーとなった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。