ビューティ

ランコム最⾼峰ライン“アプソリュ”から集中美容液とスキンケアファンデーション誕⽣ ブランド初のナチュラルフレグランスも

 「ランコム(LANCOME)」は9月2日、ブランドのプレミアムライン“アプソリュ”シリーズから、長寿美肌研究を基に開発した集中美容液“アプソリュ オレオ コンセントレート”(12mL、税込2万2000円)と、スキンケア効果のあるブランド最高峰のクリームファンデーション“アプソリュ タン サブリムエッセンス クリーム”(35mL、税込1万8150円)を発売する。さらに10月14日にはブランド初のナチュラルフレグランス“メゾンランコム ミル エ ユヌ ローズ”(100mL、税込2万7500円)も店舗限定で登場する。

 日本で開発した“アプソリュ オレオ コンセントレート”は、シリーズ初の“アンプル”タイプの美容液。独自の整肌成分・グラン ローズ エクストラクトを配合したほか、3種のセラミドを含む独自開発のセラミドカプセル、分子蒸留によって有用成分を高濃度で抽出したヒマワリ種子オイルのオレオ ディスティレートを含んだ浸透力の高いフォーミュラが肌を素早く潤し、外部環境から肌を保護する。また、フォーミュラはオイル約25%、エッセンス約75%の2層式でオイルが肌をしっとりと包み込む。ゴールドのモダンでアートオブジェクトのようなボトルデザインは、より一層スキンケアのモチベーションを高めてくれる。

 繊細でクリーミーな仕上がりと艶肌がかなうクリームファンデーション“アプソリュ タン サブリムエッセンス クリーム”は、アプソリュローズエッセンスとクリーミーな色素を50:50で配合。美容成分がみずみずしく広がり、ふっくらとした潤いとカバー力を発揮。24金も加え、自然なライトアップ作用も期待できる。

 さらに、南フランス・グラースの自社農園「ドメーヌ ド ラ ローズ」の開園を記念し、オーガニック農法により栽培した有機認証取得のセンチフォリアローズの香りを中心に据えたブランド初のナチュラルフレグランス「メゾンランコム ミル エ ユヌ ローズ」が登場する。マンダリンやベルガモット、洋ナシのアロマの香りも交わり、草原を思わせるナチュラルで新鮮な香りが広がる。天然由来成分を97%配合したナチュラルフレグランスは、伊勢丹新宿店・阪急うめだ本店・ジェイアール名古屋タカシマヤ 横浜高島屋・西武池袋本店・大丸札幌店・岩田屋本店の7店舗限定発売となる。