ファッション

ユナイテッドアローズ松崎社長「回復に自信」 4〜6月期、値引き抑制が実る

 ユナイテッドアローズの2022年4~6月期連結業績は、売上高が前年同期比17.4%の296億円、営業損益が18億円の黒字(前年同期は9億円の赤字)、純損益が13億円の黒字(同6億円の赤字)だった。

 売上高、利益ともに当初計画を超えたことについて、4日のオンライン決算説明会で松崎善則社長執行役員CEOは「第7波の懸念があるなかでも実績に大きな影響を及ぼすことなく、春夏商戦については順調だ」と述べた。コロナ前の19年度比では約9割の回復にとどまったが、「既存店での回復は図れており、自信を持っているというのが率直な感想だ」と話した。

 特に手応えを強調するのが値引き販売の抑制だ。今季は19年度に比べて供給量を15%絞り、セールの開始時期を従来の6月下旬から7月中旬に後ろ倒してプロパー販売時期を確保したことで売上総利益率の改善につながった。単体では19年度比の0.2ポイント、アウトレット部門を除くビジネスユニット部門では1.6ポイント改善した。ビジネスユニットにおける定価販売構成比は同10.2ポイント増の93.2%だった。

 通勤ニーズの回復と消費者心理の変化を捉えたMDも奏功した。婦人服ではブラウス、ジレ、ワンピース、カラーパンツなど「気持ちが上がる服が活発に動いた」(同社)という。

 秋冬も引き続き、セール依存からの脱却を進める。近年は正月の初売りからセールを開始するの慣習が定着しているが、松崎CEOは「まだ冬が続いている真っ只中にセールを行うことは不本意であり、各デベロッパーと協議を重ねている」という。加えて下半期に向けては、原価上昇への対応を強化し、全体の約2割を占める主要品番で平均上代を約15%引き上げる計画だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら