ビジネス

「トミー ヒルフィガー」が「あつ森」で秋冬コレクションを配布 植林活動も

 「トミー ヒルフィガー(TOMMY HILFIGER)」は27〜29日、ニンテンドースイッチのゲーム「あつまれどうぶつの森(あつ森)」に「トミーフォレスト」島を設置。2020-21年秋冬コレクションを配布する。プレイヤーは、「DA-2016-2524-0568」で島にアクセスでき、“エイブルシスターズ”(服屋)でのコード「MA-6642-2949-8933」入力でコレクションアイテムをダウンロードすることができる。

 「トミーフォレスト」では雪に覆われた森の中で、バーチャルパーティーを開催する。参加者は蝶ネクタイが特徴のトミー・ヒルフィガー本人のアバターたちと共に、ゲーム内で木を植えたり、ウィンタースポーツを楽しんだりできる。「トミー ヒルフィガー」はサステナビリティに対して“無駄をなくし、すべてを受け入れる(Waste Nothing and Welcome All)”というビジョンを掲げており、バーチャルで植えられた木と連動して実際の植林活動も行う。ゲーム内で植えられたバーチャルツリー1本につき、実際の木を1本エコエイジ(ECO AGE)のもつグローバルフォレストに植樹する取り組みだ。プレイヤーは専用サイトで、ゲームで植えた木の実際の成長過程を確認できる。

 トミー・ヒルフィガーは、「『あつ森』と連携することで、ビデオゲームの可能性を模索することができる。われわれはブランドの価値と新しさを維持するために、ゲーム業界への進出を計画している。これはファッションやエンターテインメント業界がデジタルおよびバーチャルの世界と融合していくほんの始まりだ。時代を先取りして、消費者と新しい方法でコミュニケートできていることを誇りに思う。“SEE NOW,BUY NOW”ショーの開催は、これを進めるための一歩だった。今後の進化も楽しみにしてほしい」と述べた。

 「トミー ヒルフィガー」は今夏も同ゲームで「トミーアイランド」を展開し、20年春夏コレクションを扱った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら