紙面紹介

“どうでもいい服”はもういらない! 2021年春夏リアルトレンド特集

 「WWDジャパン」12月14日号は「2021年春夏リアルトレンド特集」です。“どうでもいい服”はもういらない。今回のタイトルに据えたこのメッセージは、消費者のリアルな声でもあると私たちは考えます。

 ファッションビル、セレクトショップ、百貨店などを中心とするウィメンズアパレルのリアルトレンド市場は、コロナ禍での外出機会の減少、リモートワークの普及で厳しい状況にあります。市場に本当に求められている服を作らなければ、もはや生き残ることができない時代を迎えています。新常態を戦うヒントを探るため、「スナイデル(SNIDEL)」「リムアーク(RIM.ARK)」「エストネーション(ESTNATION)」のディレクターに、新常態における戦い方を聞きました。

 特集の第2見開きでは、計17ブランド・ショップの春夏の新作を一挙に紹介。チアフルカラーや“映え”トップスなど、アパレルを取り巻く「不要不急」論を吹き飛ばすような、個性ある打ち出しが並びます。また消費者の実態を探るため、働く20代後半の女性3人を集めた特別座談会も実施しました。自粛期間中から現在に至るまでの服や化粧品などの買い物事情、ライフスタイルの変化を語ってもらいました。

 ミニ特集では「シャネル(CHANEL)」のブルーノ・パブロフスキー=ファッション部門プレジデントへのインタビューが必見。新型コロナ禍のこの1年において、「シャネル」がとった選択と成果、今後の課題を聞きました。ビューティのトピックスは、「ヘパリン類似物質配合製品が続出登場」。2017年ごろに美容目的での処方使用も話題になった「ヒルドイド」との違いや、マーケットに出ている各商品の違いを比較・分析します。在庫最適化のスペシャリストである齊藤孝浩ディマンドワークス代表の連載「ファッション業界のミカタ」では、島忠の買収でも話題をさらったニトリをピックアップ。コロナ禍でも強さを見せる秘けつ、アパレル挑戦の展望を解説しています。

PHOTO:KAZUO YOSHIDA

CONTENTS

FEATURE

  • 2021SSウィメンズリトルトレンド特集 個性を徹底的に追求 “どうでもいい服”はもういらない

EDITOR’S VIEW

  • 愛され企業の「エコシステム」(WWDJAPAN.com編集長 村上要)

FOCUS

  • ヘパリン類似物質配合製品が各社から相次いで登場 「ヒルドイド」との違いや特徴を解説
  • パブロフスキー プレジデントに聞く、ショー開催にこだわる理由 新型コロナが「シャネル」に与えた影響

SERIES

  • Beauty Insight ファッション業界人も知るべき今週のビューティ展望:Vol.14 デジタルに強いブランドとの連携が百貨店の接客を変える?
  • 齊藤孝浩の「ファッション業界のミカタ」:Vol.20 ニトリの強さとアパレル挑戦を考える
  • アトモス社長・本明秀文のスニーカーライフ:Vol.66 信念なき者は去れ
  • 新世代IGインフルエンサー名鑑:Vol.7 たいよう(@taiyou_125)
  • 菅付雅信「不易と流行のあいだ」:Vol.29 性的誘惑を離れて香水を「着る」(前編)

FASHION PATROL

  • キーワードは家ナカ、美活、オンリーユー コロナストレスを吹き飛ばすユニーク福袋10選

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら